第28巻第1号(2019年12月発行)

 

論文>

・to 不定詞補文及び動名詞補文における選択制限 -起動動詞 grow, proceed, commence, resumeを例に-(藏薗 和也)…1

・New York Times にみる関係代名詞制限用法whichの近年の使用頻度変化とOrwellにみる1940年代の英国用法との比較(小西 和久)…17

・ポライトネス理論の視点による苦情対応の日英比較-店側の落ち度の程度による対応の変化-(岩井 千春、岩根 久)…33

・Technology-Enhanced Collaborative Foreign Language Learning Using Communication Robots(KATORI, Mari)…51

・University EFL Classes in Japan Should Make More Use of Digital Learning(Christofer Bullsmith)…63

 

<研究ノート>

・Conditions of teacher training for elementary school teachers rgarding inclusive education and English lessons in Japan with particular reference to support for pupils with dyslexia(ONEYAMA, Akane)…81

・EMI(English Medium Instruction)プログラムにおける日本人大学生の学習実態について-直面する困難とその要因の一考察-(畔上 絵里香)…93

 

<報告>

・ジグゾー法を活用した英語授業の実践報告(吉田 由美子)…105

 

<英語時評>

・Fake Newsの諸相を考える(大川 久)…115

 

<第27回年次大会 JASEC研究フォーラム-シンポジウム>

「ミスコミュニケーションから迫るコミュニケーションの本質」

・言語学(語用論)から見た“Miscommunication”/“Discommunication”(山本 英一)…121

・国際関係におけるミスコミュニケーションについて(宮崎 修二)…125

・Communication, Miscommunication, Dis-communication, False-communication(鷲尾 友春)…127

 

 

 

© 2023 by HEAD OF THE CLASS. Proudly created with Wix.com

  • w-facebook
  • Twitter Clean
  • White Google+ Icon

PR / T 123.456.7890 / F 123.456.7899 / info@mysite.com