活動報告(2017年)

 

 

第26回JASEC年次大会

日時 2017年10月14日(土)

開催地 近畿大学Academic Theater 3号館3階 

 

受        付   10:00~17:00   Academic Theater 3号館3階

参   加  費   会員:無料 非会員:1,000円(学生無料)

JASEC第26回年次大会プログラム

 

日時・開催地  2017年10月14日(土)近畿大学 Academic Theater 3号館3階 

受        付   10:00~17:00   Academic Theater 3号館3階

参   加  費   会員:無料 非会員:1,000円(学生無料)

 

[PART ONE]  11:00~11:15

開会式

 

・会    場  Academic Theater 3号館3階301教室

   ・司    会  小西和久(早稲田大学 / JASEC関東支部長)

   ・挨    拶  奥田隆一(関西大学 / JASEC会長)

  ・学会賞授与式   学術賞:該当者なし 

             研究奨励賞:蔵薗和也 会員

[PART TWO] 11:15~13:00

JASEC研究フォーラム――シンポジウム

 

Title: How does “globalism” affect Japanese English education and should it?

Description: With a top-down agenda of “globalism” coming from MEXT and the many new “International Studies Departments” opening throughout Japan, including here at Kindai University, it is important to understand the impact of the push toward internationalization on the English education system in Japan. This symposium seeks to address the divergent viewpoints on this thought-provoking issue by asking of not only the panelists, but also the audience:

1.    What does “globalism” mean to you as an educator, and how is it different from “国際化”?

2.    Is globalism for everyone? (i.e. is the MEXT agenda realistic considering Japan’s homogeneic society?)

3.    Should globalism be a general goal of English programs in Japan? To what degree?

4.    What issues and challenges do teachers and students in Japan have (e.g. socio-cultural needs and wants, values, norms, communication styles), and how can these be dealt with?

 

・ 会   場 Academic Theater 3号館304教室

 Moderator:   Kim Kanel (Kindai University)

 Panelists:    Masakazu Iino  (Waseda University)

 Naoya Hase (Kwansei Gakuin University)

        Alison Kitzman (Kindai University)

 

[PART THREE]  13:05~13:40  

第26回通常総会

・ 会  場 Academic Theater 3号館3階301教室

・ 司  会 宮 崎 修 二(東邦ガス/JASEC総務・経理担当理事)

・ 報  告  堀 江 洋 文(専修大学 / JASEC副会長)

                    山 本 英 一 (関西大学 / JASEC副会長)

・ 議 題   2016/2017年度事業報告及び収支決算

         2017/2018年度事業計画及び収支予算

       その他

[PART FOUR ]  14:30~17:40

JASEC研究フォーラム――研究発表

・会  場    Academic Theater 3号館3階301, 302, 303教室

 

第1会場 (301教室): 送り手・受け手英語コミュニケーション領域

司  会:   (1) / (2) 山本英一 (関西大学),  (3) / (4) 鈴木義孝(関西大学)

 

1.  14:30~15:10      「特徴語から見たホテルのウェブサイトにおける概説文の表現」

                         近藤雪絵(立命館大学)

 

2.  15:20~16:00      「above, overの意味の違いについて」

                         水本孝二 (日本大学)   

 

3.  16:10~16:50     「直喩表現(Simile)と隠喩表現(Metaphor)が英語コミュニケーションに与える影響及び効果ー受容的姿勢を引き出すプレゼント・ラッピング効果ー」

                         太田一郎(鎌倉女子大学)

 

4.  17:00~17:40     「be…to V構文の準助動詞化」

                   武内祐樹(関西学院大学大学院)

 

                             

第2会場 (302教室): 媒体英語コミュニケーション領域

司  会:   (1) / (2) 小田 真 (毎日新聞社),  (3)  / (4) Mark Jewel(早稲田大学)

 

1.  14:30~15:10       「日本における難民申請者の通訳の現状ーGudykunstの理論をもとにー」      

                                         毛 利 雅 子(豊橋技術科学大学)

 

2.  15:20~16:00      「『シンガポール人』の創出:シンガポールにおける教育媒体言語としての英語の役割について」

                      中村 都(追手門学院大学) 

 

3. 16:10~16:50       「Get-受動態の使用についてーbe-受動態との比較」

                                                 奥西嘉一(神戸学院大学)

 

4.  17:00〜17:40      「IELTSリスニングにおけるシャドーイングの効果」

​              横野成美(金沢星稜大学女子短期大学部)

 

第3会場 (303教室): 英語コミュニケーション教育領域

司  会:   (1) / (2)  春川修子 (神戸大学),  (3) / (4) Allison Kitzman    (近畿大学)

 

1.  14:30~15:10      「ブレーンストーミングを利用したアイスブレーカーと自己紹介スピーチの指導ー大学入学後第1回目の授業のためにー」

                        北村ひろよ(京都精華大学)

2.  15:20~16:00     「英語教育における、インクルーシブ教育実現に向けた現状と課題」

                                   小根山 茜(株式会社ジャスティー)

                          

3.  16:10~16:50      Music and Song for Language and Culture Learning 

                     Joseph Poulshock (専修大学)

 [PART FIVE]  17:50~19:20 

会員懇親パーティー

  ・ 会  費 一般 5,000円、大学院生 3,000円

  ・ 会  場 「The Lounge」(Academic Theater 4号館3階)

 

大会参加者へのご案内

大会に参加される方は、Academic Theater 3号館3階にて受付を済ませてください。

1)    参加者は会場受付で必ず登録を済ませ、ネームプレートを着用して下さい。

2)    当日受付では年会費(7,000円)の納入もしていただけます。

3)    研究発表者控え室は Academic Theater 3号館3階(301)教室です。

 

近畿大学 東大阪キャンパス 〒 577-8502 東大阪市小若江3-4-1

 

交通アクセス

JR新幹線 新大阪駅から東海道線に乗り換え、次の大阪駅で下車(5分)。JR環状線(外回り)に乗り換え、鶴橋駅で下車(15分)。連絡口を利用して近鉄大阪線の各駅停車に乗り換えて、長瀬駅で下車(10分)。あるいは、近鉄奈良線の各駅停車に乗り換えて、八戸ノ里駅で下車(10分)。

<長瀬駅または八戸ノ里駅から>

By foot (or taxi) from train station:

•    From Kintetsu Nagase Station (Osaka line - local trains only) a 12-minute walk following the map below.

•    From Kintestsu Yaenosato Station (Nara line - local trains only) a 22-minute walk, 10-minute bus ride, or five-minute taxi ride due south on Route 2. Tell the taxi driver the East Gate, 'Kinki daigaku no higashi mon, onegaishimasu.'

 

 

■2017年第1回関東地区研究フォーラム

日時:2017年3月25日(土)14:00〜16:30

所:早稲田大学本部26号館501教室

(http://www.waseda.jp/top/assets/uploads/2014/10/waseda-campus-map.pdf) (当日は卒業式の関係で3号館が使えぬ為、26号館を使用します。正門を背にして前方が大隈講堂、道を挟んで右前方が15階建の26号館です。)

 

1.  14:00 ~ 15:00

発表者:加藤香織(翻訳者)

題目: 「親の立場から見た帰国子女入試 ― 帰国子女が直面する問題点と実状」

司会:  内野 泰子(早稲田大学)

 

2.  15:10 ~ 16:30

発表者:小西 和久(早稲田大学)

題目:  「英文メディアにみる関係代名詞の『仮先行詞』と制限用法that/whichの選択要因について」

司会:  堀江 洋文(専修大学)

 

フォーラム終了後、1時間程度懇親会を行います。

 

 

連絡先: 早稲田大学政治経済学部内 日本英語コミュニケーション学会関東支部事務局 (email: kk31896@waseda.jp)

 

 

■2017年第2回関東地区研究フォーラム

 

日時:2017年5月27日(土)14:00〜16:30

​場所:早稲田大学本部3号館9階914教室

http://www.waseda.jp/top/assets/uploads/2014/10/waseda-campus-map.pdf

(エレベーターで9階へ上がるにはIDが必要なため、エスカレーターを御利用下さい。)

1.  14:00 ~ 15:00

発表者:香取真里(青森公立大)

題目: 「短期留学が日本人大学生の一般的信頼感と市民規範に及ぼす影響」

司会:  関 妙子(日本スコットランド交流協会名誉顧問)

 

2.  15:10 ~ 16:30

発表者:Joseph Poulshock(専修大学)

題目: "Comparing the Benefits of L1 and L2 Reading"

司会:  渡邊恭子(早稲田大学)

 

フォーラム終了後、1時間程度懇親会を行います。

連絡先: 早稲田大学政治経済学部内 日本英語コミュニケーション学会関東支部事務局 (email: kk31896@waseda.jp)

 

 

 

 

 

 

 

 

■第56回関西地区研究フォーラム

日時:2017年1月29日(土)2:00p.m.〜4:30p.m. 

場所:関西学院大学 大阪梅田キャンパス・KGハブスクエア大阪(1001教室)アプローズタワー10階

(大阪市北区茶屋町19-19 TEL:06-6485-5611)(ホテル阪急インターナショナル、梅田芸術劇場はアプローズタワー内の施設です)

(阪急梅田駅、茶屋口下車、北へ徒歩5分。)

(アクセスマップhttp://www.kwansei.ac.jp/kg_hub/access/)

 

1.    研究発表 

発表者:津村元司 (日米英語学院)

題 目:日本語の「の」に対応する英語の表現について

司会・コメンティター:神崎高明(関西学院大学)

2.情報交換セッション

昨年の様に、英語コミュニケーションに関する情報交換を致しますので、情報をお持ちください。奥田は「気になる英語表現(2)」についてお話します。      コーディネーター:奥田隆一(関西大学)

 

参加費: 会員:無料、一般:500円、学生:無料

 

なお、研究会終了後、発表者を囲んで、簡単な懇親会を予定しておりますので、奮ってご参加ください。また、次回は、3月11日(日)関西大学・千里山キャンパスでの開催を予定しております。

 

■第57回関西地区研究フォーラム

 

日時:2017年3月11日(土)3:00p.m.〜5:00p.m. 

場所:関西大学千里山キャンパス岩崎記念館(2階会議室)

吹田市山手町3−3−35 TEL:06-6368-1121

(阪急千里線 関大前下車、徒歩5分。)

アクセスマップ : http://www.kansai-u.ac.jp/global/guide/mapsenri.html

研究発表1

発表者:吉田由美子 (T for T 代表)

題 目:「野球用語から見る興味深い英語表現」

司会・コメンティター:山本英一(関西大学)

研究発表2

発表者:大川 道代(青山学院大学)

題目: 「英語コミュニケーション教育の理論と実際―パフォーマンス学からのアプローチ―」

司会・コメンティター:小磯かをる(大阪商業大学)

 

参加費: 会員:無料、一般:500円、学生:無料

 

なお、研究会終了後、発表者を囲んで、簡単な懇親会を予定しておりますので、奮ってご参加ください。

 

 

© 2023 by HEAD OF THE CLASS. Proudly created with Wix.com

  • w-facebook
  • Twitter Clean
  • White Google+ Icon

PR / T 123.456.7890 / F 123.456.7899 / info@mysite.com