第25巻第1号(2016年12月発行)

論文名に下線が施されているものは内容を見ることができます。タイトル名をクリックしてください。

<論文>

起動動詞 get, fall, set に後続する統語形式 to V, V-ing, to V-ing 及び補文動詞の選択​(藏薗 和也)

関係代名詞制限節のwhichについて—Barzunの用法に対するWilliamsとBolingerのコメントをめぐって— (小西和久)

・コンテンツシャドーイングが、日本人英語学習者の英語音知覚に及ぼす影響(中西 弘)

・スピーキング・テストにおけるコミュニケーション・ストラテジー使用の非流暢要素減少効果(坂本 宰子)

 

<研究ノート>

・受動態の使い方(奥西嘉一)

 

<報告>

・シンガポールの教科書にみる日本 —日本・シンガポールのよりよい関係の構築に向けて—(中村 都)

・再認と再生の組み合わせから発展した英語コミュニケーション活動~生産的言語活動を導くジョイント・トレーニング~(太田 一郎)

<シンポジウム>

・翻訳・通訳のコミュニケーションをめぐって(小田 真・伊原紀子・平島晶子・山本英一)

 

 

 

© 2023 by HEAD OF THE CLASS. Proudly created with Wix.com

  • w-facebook
  • Twitter Clean
  • White Google+ Icon

PR / T 123.456.7890 / F 123.456.7899 / info@mysite.com